イギリスは脱毛する女性が多い

欧米では日本人よりも脱毛が盛んな国がいくつかあります。

その中で代表的なのが、イギリスです。イギリスでは女性の99%がムダ毛対策を行っているとされ、ムダ毛が無いことが当たり前になっています。美意識が高いだけでなく、脱毛は女性の義務やマナーの一環とみなされており、自己処理からサロンでの施術など方法は様々です。

イギリスを始めとして欧米諸国でムダ毛処理の定番なのが、ワックス脱毛です。専用のワックスを肌に塗って一気に剥がすと、ムダ毛がきれいに無くなります。日本人は肌が弱い傾向があるので、ワックス脱毛はそれほど広まっていません。レーザーや光を使った施術の方が、手頃で効果が高いと人気を集めています。イギリスにも施術を受けられるエステサロンは多いですが、日本よりも価格が高いです。

元々イギリスは物価の高い国ですが、日本人よりも効果が出にくいと言われています。レーザーや光は黒色に反応するので、肌の色と毛の色のコントラストがはっきりしている方が効果が出ます。

イギリス人は白人が多いので、毛が黒色でない場合が多いです。毛の色が薄いと効果を実感するまでに何回も施術を受けなければならないので、毛質に関係ないワックスを使う人が多いです。またイギリスではデリケートゾーンを処理するのが一般的です。全部処理するのをハリウッドと呼んでいます。

それ以外にもビキニラインだけを整えるビキニや、VラインからIラインを長方形にするフレンチなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *