セルフ脱毛も捨てたものじゃない

脱毛というとエステや美容クリニックなどで毛根から処理してもらうのが今では主流となっています。

もちろん、脱毛には時間とお金がかかるので、受けたい女性が全てできているわけではないですが、針脱毛が主流の一昔前に比べると、エステなどで脱毛する女性は増えています。ただ、それでも何らかの理由でできない人も多いのが現実です。しかしムダ毛処理はしないといけませんので、昔ながらのカミソリや毛抜きを使ったセルフケアとなるわけです。

これらのケア方法は肌に負担をかけることから邪見にされがちですが、長年行われてきたという実績からも考えると、正しくやればそれほど悪い方法ではないのです。特にシェービングは正しく行うことで、ムダ毛だけでなく古くなった角質もきれいに剥がし取れる優れた方法なのです。

でもシェービングの度にカミソリ負けしたり、毛穴がブツブツしたりという人が多いかもしれません。それはおそらくやり方が間違っている、もしくはやる時期が間違っているわけです。正しい方法は、まず処理する部分の肌を蒸しタオルで温めて柔らかくします。そこに肌の滑りをよくするためにオイルなどを塗ります。

そしてカミソリを毛の流れに沿って剃ります。剃り残しがあったら逆剃りをしていいですが、これは1回だけです。何回も逆剃りすると肌荒れの原因となるので気を付けましょう。それから剃ったものをきれいに洗い流してから保湿をして終了です。この方法でやればまず間違いはありませんが、時期には気を付けましょう。NGなのが生理前から生理中です。この時期は肌が通常よりも敏感なので正しい方法でも肌荒れしやすいからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *