沖縄での全身脱毛で注意したいこと

沖縄で全身脱毛を受けたいという方はどんなことに注意すれば良いのでしょうか。

一年を通して温暖で、本土に比べても紫外線が強い地域が沖縄です。全身脱毛で気を付けたいのは、日焼け対策です。脱毛の施術直後~1週間くらいは、皮膚のバリア機能が落ちてとても弱い状態になっています。そういう時に紫外線を浴びると、シミや黒子ができやすいのです。

沖縄で全身脱毛の施術を受けた後は、全身の日焼け対策をする、保湿などのケアを行って肌を労わることが大切です。紫外線の対策は、日焼け止めを塗るか、長袖・長ズボンを着用するという方法があります。

UV効果のある日傘を差して日差しを遮るのも一つの方法です。脱毛には最短でも1年~1年半ほどの期間がかかるものなので、施術を始める前に日焼け対策グッズやボディ用の保湿グッズを揃えておくと良いかもしれません。ちなみに日焼け対策は、施術後だけでなく、普段から行っておいた方が良いです。

なぜなら、エステやクリニックの脱毛の施術では、毛の黒色を作っているメラニン色素に反応する機械を使っているからです。メラニン色素といえば、日焼けすると数が増えてお肌が黒くなることでも知られていますね。

メラニン色素の多い日焼け肌に脱毛の施術をしようとすると、パワーがお肌の方にも向かってしまって痛い事この上ないです。それに、パワーが分散することでちゃんとムダ毛の毛根まで破壊できなくなる可能性もあります。沖縄で全身脱毛を考えているなら、日焼けには日ごろから完全防備で挑みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です