痛みを重視した永久脱毛法選び

痛みに弱くて永久脱毛になかなか踏み切ることができないという場合には、最近主流となりつつある光脱毛が適しています。

光脱毛は永久脱毛法の中でもっとも痛みが小さく、慣れてくるとふんわりとした温かみを感じる程度になります。最初の1~2回は少し刺激を感じますが、それでも以前の方法から比べると格段に小さくなっています。痛みに弱い人でも耐えられるレベルですので、多くの人に利用されています。

光脱毛を行う場合、気をつけなければならないのが産毛に反応する機器を導入しているかどうかです。痛みがなくてもムダ毛をきちんと無くすことができなければ意味がありません。新しいタイプの機器が導入されていれば色素の薄い産毛でも処理が行えるようになっていますので、まずは事前に確認してみることが大切です。

光脱毛以外では、レーザー脱毛が比較的刺激の少ない方法です。永久脱毛法の中でもこの二つはしばしば比較されますが、レーザー脱毛の方が出力が強いので、刺激も大きくなります。

ただし、そのままであっても問題なく耐えられるレベルですし、必要に応じて麻酔を使ってもらえますので痛みに関する心配は要りません。麻酔が使用できるのは医療行為に当たるためであり、専門知識を持つスタッフが適切な範囲の照射を行ってくれますので効果も安定しています。

このように痛みに弱い人であっても受けられる施術があります。心配な場合は、事前のカウンセリングでよく相談しておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *