永久脱毛の施術前は肌状態を整える

永久脱毛の技術はエステで使われるフラッシュ及びニードル脱毛に加えて、医療機関専用のレーザー脱毛が代表的であり、それぞれで特性や効果が異なっています。

例としてフラッシュ脱毛と医療レーザーは根本的メカニズムが同じ処理方法とされますが、実際は照射するエネルギー量にかなりの差が生じるため、同じ条件下で施術を比較した場合の違いは大きくなります。

原則として永久脱毛を実現するためには、毛根部分に存在する発毛組織を何らかの方法で破壊しなければならないので、照射力の限界値が低いフラッシュ脱毛においては毛根部分までエネルギーが届きにくく施術回数は多くなる傾向を持ちます。

一方でニードル脱毛は永久脱毛技術の中でも確実性に優れていて、毛穴1本単位の施術となるのでピンポイントで処理できる強みが特徴的です。ただし、ニードル脱毛は冷やしたり麻酔の技術を併用しないと痛みは大きいという欠点があるため、広範囲の施術に適しておらず、担当者の技量に結果が左右されやすい点にも注意が必要といえます。

また、広い範囲に対して効果の高い医療レーザーに関しても、肌状態が悪いとエネルギーを控えめに調節する必要性が出てくる分だけ効果が弱まってしまうほか、日焼けや肌荒れが酷いと肌へダメージを与えてしまう理由から施術そのものを受けられません。

よって、永久脱毛の施術前は肌への刺激や紫外線を極力避けて行動し、肌トラブルを防ぎつつ確実に効果を引き出せるよう準備しておく選択が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *