永久脱毛と素肌の紫外線対策の方法

永久脱毛をするとこになったら、素肌の紫外線対策は、適切な方法で対処をしていくことになります。

永久脱毛は医療レーザー脱毛で行われますので、黒いメラニン色素が狙われる対象になります。黒いメラニンというのはシミの原因にもなって嫌われやすいですが、本来は人間の肌を守るために出来るものです。

紫外線などからも肌を守ろうとしてメラニンがたくさんできますが、過剰であるとサイクルが間に合わずにそのまま肌に残ります。永久脱毛をすることになったら、紫外線で肌を焼いてしまうのは、絶対に避けなければなりません。

医療レーザーによる脱毛法となりますので、白い肌に黒いムダ毛の色というのが、とても良い脱毛のパターンです。しかしムダ毛は黒くても肌の色が白さを失って、黒く日焼けをしてしまったら、レーザーでの脱毛の効果はあまり得られなくなります。

肌の色が暗くなればなるほど、そのレベルに合わせて照射の出力は下げないとならないのです。まだレーザー照射をできるレベルであったらいいのですが、本格的に日焼けをしてしまったら、もはやレーザー脱毛のお手入れは、お休みをしないとなりません。

そうならないためにも、日焼けはしないと心に決めて、対策をすることです。朝はスキンケアを済ませたら、肌が露出をする場所には、隙間なく日焼け止めのクリームを塗りましょう。真夏だけのことではなく、この対策は年間を通して行わなければなりませんので、UVカットクリームは必需品となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *